Home > 作品作り

« 象を冷蔵庫に入れる方法 | メイン | 静岡大道芸ワールドカップ現地から »

作品作り

  • 2010-07-29 (木)

ここ半月ほどブログもtwitterもご無沙汰してしまっています。それもこれも、この暇な時期に新しい作品作りの時間をもつために、一人合宿と称してあえてネットとは距離を置いて家にこもろうと思ったから。走ったりジムに行ったりする時間以外は家でひたすら工作をしたり、映画を見たりする毎日。で、さすがにちょっと煮詰まってきたので久しぶりに文章を書いています。

作品を作る時は最初に自分の中でテーマを決めたり、あえて一定の「縛り」を課すことにしています。前回はプロジェクターやコンピューターアニメーションといったデジタルな手法を駆使して影絵のようなアナログ的世界を表現することをやってみたのですが、今回はその逆に身近にあるデジタルツールをアナログ的な手法だけで表現できないかという課題に挑戦しております。アイデアはいろいろあったので割と簡単だろうと甘く見ていたのですが、これがまた大変。1日がかりで道具を作ってみて、まったくうまくいかずにボツにするみたいなことを繰り返し、1週間が無益に過ぎ去っていきました。あー、アイデアよ降りてこい。

いろいろ考えているうちによくわからなくなってくるのは、今のデジタルツールのインターフェイスは僕らのアナログ的な世界を模して作られているものなのに、僕はそれをもう一度アナログ的に表現しなおそうとしているのですね。このねじれ感。「どう見ても白黒写真にしか見えない鉛筆画」みたいなのと同じですね。まあ、それもうまくいけば面白さにつながると思ってやっているのですが。

では再び試行錯誤に戻ります。8月中にどこかでお披露目できればいいのですが。

Comments:0

Comment Form

コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。

Remember personal info

Home > 作品作り

Search
Feeds

Page Top