Home > フィギュアのことなど

« 食い違い | メイン | 劣化しない記憶 »

フィギュアのことなど

  • 2010-03-29 (月)

最近プレステ3と地デジレコーダーtorneのセットを衝動買いしました。新しいおもちゃを手に入れたテンションで普段なら見ないような番組も録画して見ております。で、本題のフィギュアスケートもすべて録画して久々にじっくり見てしまいました。

まあ、採点競技ってのは難しいね。キムヨナの点数に特殊な力が働いているとしか思えないという疑惑がネットを騒がせていますが、まあ今回の結果をみる限りさもありなんかなという印象。競技としてみたときこの得点は不自然といわざるをえない。

ただね、スケートに関してはド素人だけど、演技、演出に関しては多少物申すことはできるくらいの立場から言わせてもらうと、やっぱトータルに見たとき「もっと長く見ていたい」と思わせるのはキムヨナの演技なんだよなぁ。真央ちゃんやミキティーは「一生懸命演技をしている真央ちゃん」、「一生懸命演技をしているミキティー」がどうしても見えてしまう。それを見ている人に感じさせてしまうのはやはり"演じることとしては"失格だと思うのです。

「こういうことを表現したいんだろうな」と観客に思われているうちはそれは表現ではなくて、本物というのは「表現していた」ということすら観客に自覚させないことでしょ。一流のマイム作品は見終わった後、その状況や使っていた小道具をありありと頭に思い浮かべることができて、その直後に、よく考えたら舞台には何もなかったことに気がついて愕然となるのね。よい演技には客観と主観の境界をすっと溶解させてしまうような力があります。

キムヨナの演技にはその力がある。それは認めざるをえないでしょうね。プルシェンコがいまのフィギュアは「アイスダンス」だと批判したそうですが、逆に完全にアイスダンスの基準で採点をしたとするなら、キムヨナと真央ちゃんの差は今以上に歴然になるように思います。技術云々ではない、でも確かにある壁。こういうのってなんなんだろうっていつも思います。悲しいかな、天性のものなのかな。僕自身もいつも直面してあがいている命題ではありますが。

もちろん、真央ちゃんもミキティーもアスリートとしては一流なのは言うまでもなく。

以下は雑感

個人的には鈴木明子さんの演技はいいですね。言い方が難しいのですが、ほら、彼女っていわゆる顔立ちのいい方ではないじゃないですが。でもね、あの演技を見ているうちにこの人好きって思ってしまう。これってすごいことです。

小塚崇彦の最後のスピン。ああいうのをもっと評価していいんじゃない。あの加速感って他の出場選手に比べてダントツだし、見ていて純粋にすごいって思える。ただそのスピンをしているときにスケート靴が氷を削る様子をアップにして見せるカメラワークは意味が分かりません。

女子選手が片足を前にあげて「あれー」みたいな感じですべるやつ。誰も言わないから思い切って僕が言います。どう考えても格好悪い。10人いたら9人が格好悪いと言うと思います。あと1人は「なんかエロいからいい」です。みんながやるのはやっぱり点数高いからなんでしょ。それルールを決めたやつはその10人中の1人のやつだよ。絶対。

Comments:0

Comment Form

コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。

Remember personal info

Home > フィギュアのことなど

Search
Feeds

Page Top