Home > くちばしマスク

« 段取り | メイン | 三人は歩くのには向かない »

くちばしマスク

  • 2009-05-27 (水)

予備校では生徒はお客様ですから。講師は生徒の健康と安全を何より優先する責務を負っておりますから。なにより僕なんて権力もコネもない吹けば飛ぶような一介の講師ですから。だから授業中はマスクをしてくださいという上からのお達しも喜んで従わさせていただきます。従わせていただくのですが、ただ、もし何かの参考になればということで1つだけよろしいでしょうか。

お上から提供されたマスクの件。

これがすごいのです。なんでも本職の医師も使っているというとてつもなく優れもののマスク。マスク職人が心血を注ぎ、口にも鼻にも一粒たりともウィルスを近づけまいと昼夜繰り広げた努力の結晶です。ただ、あんまりに一点集中しすぎて別のこと考えられなくなっちゃったのかな。

想像してださい。

コンビニでおにぎり1個だけ買ったときに渡してくれる一番小さい袋あるでしょ。あれを口でパンパンに膨らませます。それで、その持ち手の部分を耳にかけると。

そんな感じ(笑)。

端的に言えばね、くちばしです。くちばし。すれ違った人が「え、ドナルド?」って二度見する代物です。ライオンキングでアヒルの役がもしあるとすれば、劇団四季が買い占めに走ると思います。

これをね、職員さんも講師室ですごく遠慮がちに推してくるわけですよ。

「ちょっと話にくいかもしれないんですけど。」

とか

「呼吸が大変かもしれないんですけど」

と、いろいろ気を使ってくれるわけ。でもね、もうはっきり言いますよ。僕が躊躇しているのは話がしづらいからとか、呼吸が大変だからという理由じゃないの。

くちばしだからなの。

もうね、くちばししてる奴が授業でどんないい事言っても誰も信用してくんないんじゃないかと。

これするくらいならさ、いっそナウシカが腐海に行くときにつけてるマスクするわ。横が風でパタパタってなるやつ。それつけて教室に入るでしょ。ざわついている生徒の前でおもむろにマスクをはずし、笑顔で親指立てるね。これがネタとして成立するかどうかは、、知らない。

あ、つべこべ言わずつけろと。はい、直ちに!

今日の一言
もはやウィルスと戦っているのはプライドだよな

Comments:0

Comment Form

コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。

Remember personal info

Home > くちばしマスク

Search
Feeds

Page Top