Home > 紅白歌合戦

« 孤独について思う | メイン | 東京の空 »

紅白歌合戦

  • 2009-01-03 (土)

当時トップアイドルであったピンクレディーが大晦日の紅白歌合戦の出場を辞退し、新宿コマ劇場でライブを行ったことがあったそうです。それを中継したのが日本テレビ。このとき日本テレビの徳光アナが詠んだという川柳がこれです。

「紅白のコマを回せばピンクかな」

うーん、うますぎる。今年でその役目を終え舞台のバラシをしているコマ劇場を紅白で中継しているのをみてふと思い出したエピソード。

てなわけで、久しぶりに家でのんびり過ごすことができた今年の大みそかはベタを承知の上で紅白歌合戦。例年仕事から帰ったときにはすでに大物演歌歌手しか残っていないという、遅れてたどり着いたバーベキュー会みたいな悲惨な状況だったのですが、今年は何年かぶりに最初から最後まできちんと見てしまいましたよ。

みんなが感じていることだとは思うのですが、僕がNHKの番組の一番ダメだと思うところはあの露骨な「段取り」感ね。1つのコメントをとっても、あ、この人は自分の言葉で喋ってないなってのが丸分かりでしょ。もちろんある程度段取りが決まっているのは当たり前ですが、その敷かれたレールから多少それたり、順番が前後したとしても臨機応変に切り替えて対応していくのが仕切る人の腕の見せ所というものです。でも、NHKって何故か頑なにそれをよしとしないんだよね。多少強引でもきちっと段取り守らせようとする。それが見ているものにも伝わってます。そうなるともう絶対笑ったり、感心したりできないんだよな。引き合いに出して申し訳ありませんが、まえだまえだの漫才を聞いても全く笑えないのと同じです。

でもね、そういう負の点を全部帳消しにして余りある歌の力です。特に心に響いたのは森山直太朗の「生きてることが辛いなら」、アンジェラアキの「手紙」。歌詞をしっかり読むと、最近僕が考えていたことに共鳴する部分がたくさんあって、この年で泣きそうになりました。メッセージってこういう風に伝えられると、心に届くんです。ほんと。

大好きなミスチルの曲ももちろんチェック。やっぱNHKでも別格扱いなんですね。「桜井さん、カメラはこっち!」って何人のミスチルファンが叫んだことでしょうか(笑)。その他にも森進一の壊れっぷりや、スマップのダンスの余りのバラバラさに突っ込みを入れたりと、いやいや、思った以上に楽しかったです。よくもあれだけの出演者がいて、大掛かりな舞台装置があって、すべての演出をミス無くこなしていけるものだと、これは先ほど僕がさんざんけなしたNHKの欠点の裏表なんだけど、その統率力には感心してしまいました。

そんなわけで、新しい年がスタート。皆様、今年もこのブログともどもよろしくお願いします。

今日の一言
苦くて甘い今を生きている
(アンジェラアキ 手紙より)

Comments:0

Comment Form

コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。

Remember personal info

Home > 紅白歌合戦

Search
Feeds

Page Top