Home > しみじみ > 全力少女

« 可逆か不可逆か | メイン | 文字の力 »

全力少女

今日駅で全力疾走している女の人を見ました。

髪振り乱して、カバンとかバンバン柱にぶつけて、冷ややかに見つめる通行人なんか目もくれず走る。これでパンを口にくわえてたら完全に漫画です。どのくらい本気で走っているかは腕の振り方を見るとよく分かりますね。マラソン大会なんかでやる気のない生徒が手をだらだらと横に振りながら走ってるのを良く見かけますが、その女の人はカバンを肩にかけて腕をしっかりと前後に振りながら走っていましたから。腕振りは走ることの基本であるといいますが、こういうのを見るとなるほどと納得できます。

単に漠然と急いでいるというだけではああいう走り方にはなりません。電車に乗り遅れそうなのか、自分の身代わりになった友人が処刑されそうになっているのか、タイムリープしようとしているのかは定かではないですが、いずれにせよ具体的な何かが彼女の頭の中には見えているんだろうな。苦笑しながらも、その後姿がなんとなく美しいものに見えました。事情は分からないけど、なんか頑張れ。

なりふり構わず一心不乱に走ること、最近忘れかけているよなあ。

今日の一言
曖昧な理想を持っている人より、差し迫った現実を目の前にしている人の方がはるかに強い。

Comments:0

Comment Form

コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。

Remember personal info

Home > しみじみ > 全力少女

Search
Feeds

Page Top