Home > 日常 > ランキング依存

« 折り紙にはまる | メイン | 何度目だ、ナウシカ ! »

ランキング依存

先日のNHKのクローズアップ現代で非常に興味深い特集をやっていました。近年、本を買う人の本を選び方が「売り上げランキング」に大きく左右されてしまうという内容。もちろんそもそも売れ行きがいいから売り上げランキングが上がるのですが、それがランキング上位の本の売り上げをさらに伸ばす結果になり、逆に売り上げランキングの低い本は泡沫のように瞬く間に書店から淘汰されてしまう。つまり地味だけど良質な作品はどんどん売れにくくなっているという現状があるということです。

自分の目で良いものを探す、そういう客がどんどん減っていることを本屋さんは嘆いているのですが、僕としては正直そのお客さんの方の気持ちに近いな。僕が足繁く通う阪急駅中の本屋さんにも入ってすぐのところにブックランキングのコーナーがあり、上位の本が平積みされているのですが、毎回真っ先にそこで本を探してしまうもんね。気がつけばどっぷり「ランキング依存」です。時間が無尽蔵にあるのならまだしも限られた時間でよい本に出会おうと思えば、やはり他人の評価に頼るのが一番確実な気がする。それは消費者心理として致し方がないことなんじゃないかな。

しかしそう言われて改めて考えてみると、僕らは本当にさまざまなものの判断基準にランキングを利用していますね。聞く音楽や見る映画なんかはもちろんのこと、家電製品から、進学先や就職先、キャバ嬢にいたるまで人生のあらゆる選択にランキングがついてこないことの方が珍しい。一億総「ランキング依存」の世の中。それだけ情報があふれているってことなんだけど。あまりにもランキングが乱立するので、きっとそのうちランキングのランキングまで登場するに違いないね。「信用できるランキングはこれだ」ランキングみたいな。

また時間ができたときにでも本屋の奥に進んでじっくり背表紙とにらめっこしてみるのも悪くはないかなってふと思いました。

今日の一言
ランキングには決して載らないコアな作品のランキングが欲しい

Comments:0

Comment Form

コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。

Remember personal info

Home > 日常 > ランキング依存

Search
Feeds

Page Top