Home > 日常 > 続ける法則

« 受験シーズン | メイン | いちばんいい席 »

続ける法則

10年以上前の話ですが、自動車教習所の卒業検定が終わった後の講習で教官がこんなことを言っていました。

「これから皆さんが路上に出る時に思い出して欲しいことがあります。初心者ドライバーが事故を起こしやすい時期、それは何度か訪れます。まずは運転を始めて1週間後、次が1ヵ月後、次が3ヵ月後、次が1年後です。このような折に是非もう一度気を引き締めなおしてください。それを乗り越えたときが皆さんにとって初心者卒業です。」

この教官説に拠れば、人がついつい気を緩めてしまう時期は定期的ではなく、前の期間の約4倍、約4倍という間隔でやってくるということ。いわゆる指数関数的な増加ですね。そこにどれほどの科学的根拠があるのかは分かりませんが、なんとなく説得力を感じてしまいました。

何かを続けることにもそういうところがあるように思えます。はじめてから1週間続くかがまず最初の山(いわゆる3日坊主の山でしょうか)、そこを乗り越えると2週間、3週間は惰性で続けられ、4週間目、つまり1ヶ月目辺りが次の山になる。そしてそれを乗り越えると次の2ヶ月はその勢いで続けられ…といった具合。1つの真理のような気がするな。勉強でも、仕事でも、あるいは人間関係にも当てはまるかも。

年始に誓いを立てて始めたランニングはとりあえずは最初の一山を越えました。1週間で約40kmという予想以上にいいペースで走り続けてます。中学校では陸上部だったし、最近も筋トレや水泳といったトレーニングは続けていたので肉体的な辛さはほとんどないですね。明日からもう少し距離を伸ばしてみようかな。

ではまた、1ヵ月後、このブログで成果が報告できるように頑張ります。

今日の一言
ランニングコースを考えるのもまた楽し

Comments:0

Comment Form

コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。

Remember personal info

Home > 日常 > 続ける法則

Search
Feeds

Page Top