Home > つっこみ > 結果的に

« 落し物 | メイン | ミスユニバースに物申す »

結果的に

船場吉兆の謝罪会見、見ました? 僕は今日の朝の情報番組で初めて見ました。ダウンタウンの「おかんとマー君」のコント見ているようでしたよ。面白すぎ。

船場吉兆の産地偽装、今まで否定し続けてきた組織の関与を一転認めた会見。当然報道陣からの厳しい質問が飛び交うことが予想され、長男である取締役もかなり緊張してたんだろうな。報道陣に問い詰められなかなか言葉がでてこない。その言葉に詰まる取締役の隣で元彌ママを思わせる着物の母親がこちょこちょと何かをささやいてくるのですが、如何せんあれだけマイクが並んでいるものだから丸聞こえです。

報道陣「お客さんを欺くという気持ちはなかったのですか。」
長男 「... 」
  「 ( 結果的に... ) 」
長男 「いえ...その...」
  「 ( 結果的に、結果的に.. ) 」
長男 「はい、結果的にそのようなことになってしまいました。」

お母さん、逆効果ですよ!

この雰囲気、僕は覚えがあります。実を言うとうちの母親もこれと同じことやる癖があったのですよ。高校時代に学校の先生から電話かかってきたりするでしょ。僕が電話口に出て喋り始めると母親が隣で
「いつもお世話になっています、いつもお世話になっています...」
って言ってるの。しかもこっちを見て言うわけじゃなく、どこか別のところを見ながらまるでお経を唱えるようにぶつぶつ言うのよ。もうこの会見の母親の状態と全く同じ。なんだろ、これ、昔の人の共通の癖ですか。

本人は良かれと思ってやっているのでしょうが、これやられるともうすごいいらいらしてくるのですよ。正直やめて欲しいのだけど、こっちは電話で相手方と話しているわけだから怒るわけにもいかない。唯一の抵抗はできる限り相手が吹き込んでくる言葉を使わないことなのです。その言葉を使ったら負けだとか思って、あえて違う言葉を選ぼうとする。でもこれってなかなか難しいのですよ。いったん頭に入ってしまうとね。

報道陣 「どうして前回の会見では嘘をついたのですか。」
長男  「...」
   「 ( 頭が真っ白で、頭が真っ白で ) 」
長男  「...」
   「 ( 頭が真っ白で、頭が真っ白で ) 」
長男  「はい、私としてもこのような会見というのは初めてでして、え、あの、」

お、頑張ってるなって思ってたら

長男  「.. 頭が真っ白になってしまって

あっ、言っちゃったよ。

もうこの長男の気持ちが分かりすぎて痛かった。この長男は報道陣よりも隣の母親の口をふさぎたくてたまらなかっただろうな。もう完全に邪魔にしかなっていないよ。時折ちらちらと母親を見るその目線にその気持ちが表れてましたね。記事には「マザコン会見」なんて書かれているけど、僕の想像ではこの長男は自分の言葉で喋りたかったと思うよ。ホントに。

この会見の後、絶対親子喧嘩になったと思うな。僕もそうだったから。

今日の一言
「結果的に、結果的に」 が個人的今年の流行語大賞

Comments:0

Comment Form

コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。

Remember personal info

Home > つっこみ > 結果的に

Search
Feeds

Page Top