Home > 書くということ (その2)

« 11月祭 | メイン | 連ドラの秋 »

書くということ (その2)

  • 2007-11-27 (火)

こっそりカウントダウンしていたのですが、実は今回でブログを始めてからちょうど100回目のエントリーとなりました。拍手!!

4月に今年は文章をいっぱい書くぞと宣言してブログを始めたものの、正直こんなに続けられるとは思ってなかったな。いいネタが全く浮かばずに何時間もパソコンに向かって悪戦苦闘していることもしばしば。でも「ブログ楽しみにしています」とか「まだ更新しないんですか」なんていう特定少数の言葉につつかれながら、その日その日の文章をチューブに残った歯磨き粉を搾り出すようにして書いてきました。改めてトップページ左側にずらりと並ぶ100のタイトルを眺めてみると、うん、なかなかに圧巻。よく頑張ったね!

1つ1つの文章にかなりこだわりを持って書いてるんですよ、実は。特に大切だと思っているのは語のリズム。どういう流れが頭に響くか、どういう語尾がどういう感情を起こさせるか、いろいろと試行錯誤しながら何十回も読み直して調整しています。とにかく1回読んだらポイっと記憶の外に捨てられてしまうような文章にはしたくないのね。知らず知らず心に突き刺さって、また読み返しくなる、そんなものを書いていきたい。文字を並べていく作業はなんとなくパフォーマンス作りとも似ています。

また暇なときにでも過去の文章を読み直してくれると嬉しいです。

どれぐらい続けられるか分かりませんが、読んでくださる方の顔を想像しながら、これからも細々と書いていければと思います。応援よろしくお願いしますね。

今日の一言
書くことはつなげること

Comments:6

しんじ(元奇術研) 2007-11-28 (水) 12:56

100回目のエントリーおめでとうございます。
いつもROMっていましたが、出てきました。
素晴らしい文章の数々に感動、感嘆しながら、拝読させていただいております。

おそらく、私のようにコメントは残さないけど楽しみにしている人は、山のようにいると思いますよ。
これからもがんばって下さい。
陰ながら応援しております。

sakaguchi 2007-11-28 (水) 23:14

記念すべき、100回、おめでとうございます☆

そうかぁーそんなにじっくり考えて書いてらっしゃったんですね。
どおりでいつも練られた文章だと納得しました。
普段はそんなに深く考えてらっしゃるイメージじゃないので
(失礼)文章を読み意外な面を垣間見れて楽しかったですよ。

ちなみに私は数分で文章を書き終えます。書き直しもあまり
ありません。
私の日記を見ていただいてたら分かると思いますが・・・。
小学生みたいな文章です。

池田洋介 2007-11-29 (木) 11:24

お、予想外の祝福の言葉。ありがとうございます。

しんじってひょっとしてあきらじゃないほうのしんじ?
だとしたらお久しぶりだね。元気してますか。

僕は文章の中だと5割り増しくらい知性的に見えるらしいです。
文章でしか僕を知らなかった人と直接会ったときに
「池田さんってしゃべると結構軽い感じなんですね。」
って言われたことも。いやいや、失礼な。

sakaguchiさんも文章だとかなり毒が薄まって見えますよ(笑)。

しんじ(元奇術研) 2007-11-29 (木) 12:54

その通りです。
「あきらじゃないほうのしんじ」です。
このフレーズ懐かしいですね。10年ほど時間が巻き戻ったような感覚です。

私は元気にしています。
すでに二児のパパになり、上の息子は幼稚園生と、かなり状況は変化していますが。

それでは、池田さんのますますのご活躍をお祈りしております。
そして、また楽しませていただきます。
(前のHPの時から、ちょくちょく拝見させていただいていました)

シーケン 2007-11-29 (木) 23:21

はじめまして
100回おめでとうございます。
いつもこっそり見てます。
毎回内容が面白いので楽しみにしています。
これからも更新頑張ってください

No Name 2007-12-02 (日) 08:33

拍手!おめでとうございます。
今後もがんばってください。

Comment Form

コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。

Remember personal info

Home > 書くということ (その2)

Search
Feeds

Page Top