Home > 日常 > みんなのうた

« 池田洋介のアイデア | メイン | 天地無用 »

みんなのうた

「おしりかじり虫」という歌がNHKの「みんなのうた」で大人気になっているというニュースを読んで早速YouTubeで探して聞いてみました。確かに何度も聞いてるとちょっと癖になりますね。ふーん、面白い。

ついでながらYouTubeで「みんなのうた」で検索すると自分が子供の頃によく聞いていた歌もたくさん出てきます。僕が小中学生の頃はクラスメイトは光ゲンジやチェッカーズにはまってたものですが、僕はそういうポップスには全く興味がなくて、聴いてた歌といったらNHKの番組の合間に流れていた「みんなのうた」だったのですね。すっかり忘れてしまったと思ってたけど、メロディーが流れてくると全部歌えてしまうのです。20年ぶりくらいの映像と歌がたまらなく懐かしてついつい夢中になって何度も見てしまいました。

「メトロポリタン美術館」
大好きな曲でしたね。曲の展開やメロディーラインの美しさはピカイチ。人形を使ったアニメが可愛らしくもありちょっと不気味でもある。夜のメトロポリタン美術館で少女が大理石の天使やミイラと戯れるっていう内容。ミイラの棺に目覚まし時計をかけてあげるところとかすごくいいな。最後は少女は大好きな絵の中に閉じ込められてしまいます。この終わりかたってどうなのよ。メルヘンなのかホラーなのか。子供心にちょっと怖かったです。

「まるで世界」
最初にテレビで見たとき笑い転げた記憶が未だあるから相当インパクト強かったんだと思います。朝目が覚めたら世界が変わっていた、っていう歌い出しなんだけど、あれ、それって結局、、?っていうことに気付く不条理な歌詞。みんなのうたの歌詞って意外とこういう不条理なものって多いですね。他にも「まっくら森の歌」とか子供向けの歌とは思えないほど深い。哲学的なメタファーすら感じてしまいますね。

「恋するニワトリ」
「ココ コココ ココ コココ 恋は恋は恋」っていうフレーズがとっても印象的。ニワトリが屋根の上の風見鶏に恋をするっていうほのぼのとしてちょっと切ない歌です。子供の頃はなんとも思わなかったけど、今になって聞くとすごく胸にしみる詞ですね。最後にニワトリは彼への思いを込めて一人で卵を産むのです。うーん、思いを込めただけじゃひよこは生まれないんだけどね。その辺りは深く考えては駄目です。

でもやっぱり極めつけは「おっぱいがいっぱい」だな。可愛い男の子の声で歌うこの放送禁止ぎりぎりの歌詞、無数のおっぱいが宙を舞うもわもわな映像、間違いなく僕の人格形成に影響を与えたな、これは。

今日の一言
今僕が歌ったら間違いなくセクハラになります

Comments:2

つっきー 2007-08-26 (日) 00:06

メトロポリタン美術館すきでしたー(*´∀`)

「おっぱいがいっぱい」って、ポンキッキじゃないですか??
今度カラオケで歌ってください★

池田洋介 2007-08-27 (月) 01:08

あ、そうかも。
カラオケは、、、絶対ひくでしょ、絶対!

ついでにもうひとつ思い出しました。「学校坂道」。
♪ジャングルジムに登れば海が
ってとこのメロディーがなぜか泣けてきます。
名曲だな~。

Comment Form

コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。

Remember personal info

Home > 日常 > みんなのうた

Search
Feeds

Page Top