Home > 日常 > 車庫入れなんて大嫌い

« 目と耳 | メイン | 身近にある指数 »

車庫入れなんて大嫌い

報告が遅れましたが、今週の日曜日淡路島の夏祭りに行ってきました。心配されていた雨も午前中のうちに通り過ぎて、午後からは時折晴れ間がのぞくなかなかのコンディション。折角の機会ということで今までの作品に新ネタを組み込んだ新しい構成を試してみました。反応は上々。やっつけでしたが流れとしては今までよりいいかもしんない。

淡路島まではレンタカーを借り久々の運転をしたのですが、さすが運動神経と動体視力が猫なみに優れた僕のことです。車線変更でクラクションを鳴らされることも、高速の料金所で改札に手が届かないことも、救急車に追い回されることもなく無事淡路島までの往復を走破。全くブランクを感じさせないこの走り。やっぱり運転うまいです、僕。自画自賛。

ただですね、僕には致命的な弱点があるのです。車庫入れ。ド下手です。いやもうホントさっぱり分かりません。目いっぱいハンドルを切って後退しながら車の角度を調整するでしょ。であとはまっすぐバックするだけになってからハンドルを元に戻すのだけど勢い余ってハンドルを回しすぎてしまうのね。そうすると車が反対側に曲がってって、、、その繰り返し。最終的に枠には収まりますが、車から降りてみてみると必ず前輪が斜めに傾いています。まあそれはそれでかわいらしいのでよしとします。必殺ネコ型駐車。

で、最大の難関は自宅ですよ。僕の家に来たことのある人なら分かってくれると思うのですが、僕の家の前の道はタクシーでさえ入るのをためらうほどの狭さです。そこからの駐車は難易度ウルトラCクラス。当然僕のネコ型駐車が通用するほど甘くありません。何回かの切り返しの後、またしてもハンドルを回しすぎてしまい、車が変な方向に動き出したと思うと横の石塀の角にガリガリ、、。扉のところにはっきり分かる傷がついてしまいました。まあ、男が細かいことを気にしちゃ駄目です。これぞ男の車庫入れ。

え、それで次の日に車を返しに行ったのですが、案の定即バレでした。傷自体は保険が降りたのですが、修理の期間中の営業補償とかいう名目で2万円を払わされる羽目に。こんなちょっとした凹みで2万円ってありえないでしょ。交差点で信号待ちをしてる時にジャッキーチェンが乗り込んできて突然カーチェイスをはじめられたら絶対こんなもんじゃ済まないよ。そんな不幸に比べればこんなのかすり傷です、かすり傷。反対側から金槌で叩いとけば直るって。当然ながらそんな心の訴えは実らず。つくづく思うんだけどジーンズなんかだと古いほうが値打ちがあるとかいってわざと傷つけたりするのに、どうして車にはその発想を適用しないのかね。僕には理解不能です。

そんなこんなでレンタカー代、高速代、ガソリン代、補償代あわせて結局その日のギャラの半分以上が飛んでいくことに。まあ新ネタの反応が見れたのと、自宅の車庫入れの練習ができたという収穫はあったからいいんだけどさ。

今日の一言
やっぱ当分車なんか買わない

Comments:2

たつや 2007-07-26 (木) 01:01

ご愁傷様です。
ちなみに、車の板金塗装代は
福沢諭吉を傷のついた場所に貼ってって、
貼った枚数だけの金額がかかる、
とか聞いたことがあります。

実際、こないだ車庫入れでやってしまったときの
相手からの見積もりがそんな金額でした・・・。
現在保険処理中です(TT)

つっきー 2007-07-26 (木) 01:12

ペーパードライバー歴、まもなく4年です(*´д`)ノ
運転なんてできないのです。

Comment Form

コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。

Remember personal info

Home > 日常 > 車庫入れなんて大嫌い

Search
Feeds

Page Top