Home > 言葉 > 悲しき同語反復

« 関数とは何か | メイン | 思い込み »

悲しき同語反復

京都市バス9号系統内での英語のアナウンス

「次は二条城です。 The next stop is Nijyojyo Castle.

これ聞くたび毎回突っ込んでるんですが、

Nijyojyo Castle

って日本語訳したら

にじょうじょうじょう

ですからね。JoshinのCMかと。

こういう二度手間な言い回しって日常語の中に意外に多い気がします。特に外来語はその本来の意味が分らずに使っていると知らず知らず同じ意味の言葉を重ねてしまったりすることがある。例えば「チゲ鍋」なんてのはその典型で、「チゲ」ってのは本来韓国語で鍋料理の意味だから日本語訳すると「なべなべ」になってるわけ。「IT技術」なんて言葉も「情報技術技術」となって同語反復。

面白いのは本来その意味はよく知っているはずなんだけど、それがいつの間にか固有名詞化してしまって元の意味が忘れられてしまっているパターン。例えば「Mr.マリックさん」って言い方はちょっとおかしい。Mr.が既に敬称になってるんだから。同じような例でパソコンのハンドルネームで「なっちゃん」なんて使っている人に対して、「なっちゃんさんはどう思いますか」みたいに書くこともありますよね。馴れ馴れしいのか丁寧なのかよく分らなくてちょっと笑ってしまいます。

これがさらに発展すると奇妙奇天烈な捩れ現象が起こったりする。新阪急ホテルが大阪新阪急ホテルに改名したんだけど、ホームページの文章をみたら

大阪新阪急ホテル(旧新阪急ホテル)

って書いてあった。もう新しいんだか古いんだか。そうそう、ラーメンズのコントでもあったけど「サントリーオールド」が,リニューアルしてできたのが

サントリーNewオールド

ってのもまさにこの例。この手の例で僕が一番面白いと思ってたのは友達が読んでた毎日新聞社が発行してる英字新聞のタイトルだな。

Mainichi Weekly (毎日ウィークリー)

もう、どないやねんと。

こんな楽しい捩れ言葉。皆さんの身近にもあるかも。面白いやつあったら是非コメントください。

今日の一言
「なっちゃん」の丁寧語は「なっさん」だよね

Comments:0

Comment Form

コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。

Remember personal info

Home > 言葉 > 悲しき同語反復

Search
Feeds

Page Top