Home > 言葉 > ナイストライ

« 好きな言葉 (その2) | メイン | トルコ風呂 »

ナイストライ

「Nice try!(ナイストライ)」
って僕が好きでよく使ってる言葉。日本語で言えよ、て言われそうですが考えてみるとこのニュアンスを表現するぴったりの日本語ってないような気がする。直訳すると「いい試みだ」っていうことになるけど、この言葉はどちらかというとその試みが失敗した人に対してかける言葉なんだな。「結果的には失敗だったけど、それを試みたこと自体は素晴らしいよ、やるじゃん!」みたいな。この無根拠なポジティブさってなんかほっとさせられる。

生徒が授業のあと、自分が予習でやった解答を持って「こんなやり方でやったんだけどダメですか?」って来ることがあります。大抵は勘違いだけど、そんなときに「うーん、これじゃうまくいかないなー。でもナイストライだね。」なんていうと、生徒の顔がパッと明るくなる(ような気がする)。失敗を前向きに肯定するさりげない言葉なんです。いいでしょ。

日本語の「挑戦する」「試みる」っていう言葉の中にはその結果が成功で終わることを暗に期待する含みがある気がするのです。だからうまくいかなかった場合、その「試み」自体も失敗ってことになるでしょ。英語って「try」することと、その結果っていうのはもっと明確に区別されてるんじゃないのかな。結果が成功か失敗かなんかてのはどうでもいい、とにかくやってみることが「try」。だからうまくいかなかったとしても、「try」そのものをほめるという発想が生まれるんだと思う。あくまで個人的意見。

ちなみに英語で何かをしないでって言うときは
Don't do it!
だけど、もっと厳しい禁止の言葉に
Don't even try it!
ってのがある。ホント頼むからやろうと思うことすらやめてねって感じかな。すごくお茶目に聞こえて僕は好きです、この表現。

今日の例文1
Mam, I wonder I can shoot Kamehameha?
(ママ、僕でもカメハメ波打てる?)
Don't even try.
(絶対無理ね)

今日の例文2
Don't even try to sing Ofukurosan again!
(おふくろさんは2度と歌わせないぞ)

Comments:4

sakaguchi 2007-05-21 (月) 23:00

初コメント!
今日はどうもです。びっくりでしたね♪
さすが、英語もお得意なんですね。

ところで、例文1なんですが、よくI'm wondering~と進行形でも
聞きますが、ニュアンス的な違いはあるのでしょうか?

池田洋介 2007-05-22 (火) 00:01

今日は、油断してるところをいきなり話しかけられてビックリしました。出会い頭に毒を吐くのはやめてください。心の準備ができませんので。

え、質問の件ですが、すいません。ニュアンスの違いは全く分かりません。でも確かに進行形の方が使用頻度は高い気がしますね。ちなみに僕の英語はかなり適当です。

前回の記事にも書いたチャップリンの「独裁者」を今日何年ぶりかで見直して見ました。その中で飛行機を運転できるかと尋ねられたチャップリンが
Yes, I can try.
と答えるシーンがありました。つまり「できない」ってことを遠まわしにいってるんですが、それを自信たっぷりに言うことのギャップが面白い。字幕は単に「やってみます」になってたけど。

改めてみてやっぱり感動しちゃいましたね。この映画でチャップリン扮する独裁者がしゃべってるドイツ語ってたぶんぜんぜんナンセンスなんですよね?(sakaguchiさんなら分かるのかな?)タモリさんの4ヶ国語マージャンみたいな感じで。形式的な言葉の無力さを思いっきり皮肉ってる気がした。前回の記事にちゃんとつながってますね。

sakaguchi 2007-05-23 (水) 00:51

お返事ありがとうございます。
英語の質問は何となくしてみただけなので、気にしないで下さい。
下手のもの好きで語学は好きなのですが、tryを上手に使いこなせるようになりたいですね♪

前回同様チャップリンの「独裁者」について書かれてますが、
もしかしてこの間、木屋町で行われたチャップリン展に行きました??私は残念ながら、チャップリンの映画は、ちゃんと観たことはないのですが、この展覧会には行きました。
ちなみに英語は帰国後も週1で英会話学校に行ってるのですが、
ドイツ語はすっかりご無沙汰で、きっと映画のドイツ語も理解不能です。

そうそう、今日の日記も拝見しましたが、美術には全く興味ないのですね。(トルコ風呂以外は・笑)
意外でした。パフォーマーという表現する仕事されてるので、色々なことに関心あるのかなと。
まぁ私も正直、よく分かりませんが。

池田洋介 2007-05-27 (日) 00:16

チャップリン展なんてやってたんだ。すごく行きたかったですね。チャップリンの映画は本当にすばらしいですよ。人の心が今よりもっと豊かだった時代の映画だなとも思っちゃいます。

トルコ風呂以外の美術にも興味はないことはないのですが、なんにせよ食わず嫌いなところが多いので。久々に美術館にでも行ってみようかな。

Comment Form

コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。

Remember personal info

Home > 言葉 > ナイストライ

Search
Feeds

Page Top