Home > 好きな言葉 > 好きな言葉 (その1)

« 二択 | メイン | タイピングバイリンガル »

好きな言葉 (その1)

それは君に才能がなかっただけのことだよ。そんなに大騒ぎするほどのことじゃない。

映画「ピンポン」から、僕の大好きな台詞。卓球に関しては天才的な才能を持っているんだけど、それほど練習熱心でもなく、卓球に対する情熱もさほどないスマイル(月本)。その正反対に人生のあらゆることを犠牲にし、人の何十倍も努力して卓球に打ち込んでいるアクマ(佐久間)。そのアクマがスマイルに卓球の勝負を持ちかけてあっさり負けてしまう。アクマはその理不尽な結果に「なんで人一倍努力した俺が負けるんだよ、不公平じゃないかよ」とスマイルに詰め寄ります。そのときスマイルは表情一つ変えず、つぶやくような口調でこの台詞を言うのです。

突き放すような冷たい言葉に聞こえるけど、でも一方でこの言葉の中にとてつもなく救いを感じてしまうのはどうしてだろうね。

努力は必ず報われる、一生懸命やれば必ず何とかなる、なんてスポコン漫画みたいな台詞で生徒の尻を叩き続ける商売をやってると、たまに自分の言葉が本当に空々しく思えてくることがあるのです。実際、努力がどんなに背伸びしたって才能にかなわないことなんて世の中にはいくらでもあるでしょ。特に数学なんてしてるとそれは身をもって思い知らされます。自分が1週間必死で考えて理解できなかった文章を、一目見て分かっちゃう人がいるわけですからね。その歴然な差に打ちのめされる。数学って本当に残酷な学問なんです。

努力はいつか報われるって言葉は結局世の中の片隅でずっとくすぶっている「報われない努力」をすべて否定してしまっているんだな。やってもやってもできるようにならないのは自分の努力が足りないんだって自分を追い詰めている人はきっとたくさんいるはず。受験生にだってもちろんね。そんな人にとって、報われない努力だってある、でもそんなことたいした問題じゃないさって言ってあげることがどれほど救いになることか。スマイルの言葉に暖かさを感じるのは「才能がなかっただけ」っていう言葉の裏でアクマの努力をちゃんと肯定してあげているからだと思いますね。

にしてもかっこいい言葉だな。一度でいいからこんなこと言ってみたい。

今日の一言
努力は才能のない人だけに許された最高の娯楽なんじゃないか

Comments:0

Comment Form

コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。

Remember personal info

Home > 好きな言葉 > 好きな言葉 (その1)

Search
Feeds

Page Top