« 鳩ノ巣原理 | メイン | 対角線論法 »

補間式

グラフ用紙上に複数の点がプロットされていたとき、そのすべての点を通るような曲線の式を補間式と呼ぶ。補間とは文字通りデータとデータの間を補うこと、補間式を作ることで実際はデータが存在しないxに対するyの値を推測することができる。

当然補間式の作り方はいくつも存在するが、できる限り単純で解析しやすい関数を使うのが望ましい。例えば多項式関数で補間する方法としてラグランジュの補間公式などが有名である。

人類補完計画とはおそらく何の関係もない。字も違うし。