« 小さくないほう | メイン | すべての (全称命題) »

ある (存在命題)

「あるカラスは言葉をしゃべる」というような言及を数学では存在命題という。「カラスの中で言葉をしゃべるものが存在する」と言い換えてもよい。これが正しいことを立証するためにはたった1匹でも言葉をしゃべるカラスを捕まえてくればよい。

逆に存在命題を反証することは立証することよりもはるかに難しい。「宇宙人は地球にいるのか」、「霊能力は実在するのか」という議論がいまだに絶えないのは、立証するような証拠はいくらでも挙げられるのに対して、反証する証拠を挙げることが事実上不可能だからであろう。

世の中には存在命題であるにも関わらず、それがあたかも全称命題のように主張する紛らわしい言葉遣いがあふれているような気がする。注意しよう。
「このダイエットを実践しただけで1週間でなんと10kgも体重が落ちるんです。」
「ねえ、このゲーム買ってよ。友達はみんな持ってるよ」