« well-defined | メイン | スタンダード »

ユニーク

日常語では「珍しい」とか「面白い」という意味で使われることが多いので、数学で「微分方程式の解がユニークに定まる」なんて読むとどんなふざけた答えがでてくるのかとあらぬ期待をしてしまうかもしれない。残念ながら、ユニークの本来の意味は「ただ1つ」。面白さの要素は皆無である。

数学においてある条件を満たすような対象が存在する(exist)かどうか、そして存在するとすればそれはただ1つ(unique)であるかどうかはしばしば極めて重要な問題となる。

給食のとき鼻から牛乳を飲んでみせるやつは確かにユニークな奴ではあるが、どこの学校にも1人はいそうなので数学的にはユニークとは言えない。