« ケーリー・ハミルトンの定理 | メイン | 微分は微かに分かり、積分は分かった積もりになれ »

もっと抽象的に話してください

日本の数学者吉田耕作先生が、ある数学者の発表を聞いて言い放った素敵な名言。より詳しくは

あなたの話は具体的なのでわかりにくい。もっと抽象的に話してください。

世間の感覚からすればなかなかのぶっ飛び発言。一般の人にとっては「抽象」とは分かりにくく、ときに真実を覆い隠すための煙幕のようなものだ。テレビの討論番組なんかでは「抽象的なことを言うな」「具体例を出せ」なんて怒ってる人がいるぐらいだから。

しかし数学者にとってはそれは正反対なんだな。「抽象」こそが実は最も分かりやすい言葉遣いであり、真理に近づくことができる最良の方法なのだ。数学者は自分の思いを少しでも人に届けたいというその一心で、人に分からない記号を作り、人に理解されない言葉をしゃべる。村人に親しまれようと必死に努力する赤鬼の話みたいに。一般人に理解されない数学者のジレンマが悲しく透けて見えてくる言葉かもしれない。