« ガロア | メイン | ケーリー・ハミルトンの定理 »

余白がないので書けない

天才数学者フェルマの数学史に残る名言。より正確には

「この定理に関して、私は真に驚くべき証明を見つけたが、この余白はそれを書くには狭すぎる」

もしタイムマシンがあるのなら、うちの職場に有り余っている裏紙を是非フェルマに届けてあげたい。同じことを切望した数学者は星の数ほどいるに違いないね。なぜなら「この定理」とはその後1994年にワイルズによって解決されるまで実に360年にわたり数学者を苦しめた難問、いわゆる「フェルマの大定理」なのだから。

数学の問題の解答が全く思いつかないときでもこの言葉を書けばなんか体裁を保つことができそうな気がする。しょうがない。だって余白がないんだから。

類語「宿題やったんだけど、家に忘れてきました。」