池田洋介日記帳
バックナンバー

2003年3月1日(土) 東大入試問題から
問6
円周率が3.05より大きいことを証明しなさい。

今年の東大理系の第6問目。いやいや、素晴らしい。

一生懸命微分積分の勉強していた受験生はびっくりしただろうね。まさか小学生でも知っているあの「円周率=3.14・・」を証明しなさいと言われるとは。東大は数年前、受験生なら誰でも知っている「加法定理」を証明しなさいという問題を出して受験界にかなりのセンセーションを巻き起こしたのですが、今回のはそれを上回っています。

「あたりまえのこと(と思われていること)ほど証明するのは難しい」

いつもあたりまえの道具として使っているものはその意味や重要性を省みられることは少なく、いざ「どうして成り立つの」と聞かれると答えるのに苦しむものです。それを1から考え直しちゃんと論証することは、難しい微積の計算問題を解くよりはるかに数学的センスを問われるのです。そこをずばりついてきた東大の着眼点はあっぱれですね。小学校教科書の「円周率3」騒動もちょっぴり皮肉った実に粋な出題です。

円周率の歴史は古く紀元前に遡るわけですが、有名なアルキメデスは正多角形を円に近似させることで円周率を3.14まで正確に導き出しました。この問題もまさにこの「アルキメデスの方法」を使って解くことができるのですが、まあ、問題はどの多角形を使えばいいのかということになるでしょう。上手い方法を使えば3平方の定理だけ(つまり中学生の知識だけ)を使って答えを導き出すこともできます。

小学生でも意味が分かり、中学生でも答えられるこの問題。しかし、いやはや、これは難問でしょう。果たして東大の受験生の正答率はどれくらいだったのか、非常に気になるところです。
2003年3月3日(月) 金沢より
はい、みなさん、金沢よりこんにちは。

なぜ僕が金沢にいるかということはちょうど1年前の日記に同じようなことが書いてありますので省略。人のお金を使って旅行気分を味わえると言うのはいいものです。

見知らぬ土地に行くと真っ先にマンガ喫茶を探してしまうと言うのは悲しい性ですが、一人で兼六園とか行っても寂しいだけなので、結局落ち着く場所に落ち着いています。それにしてもさっきからBGMが「♪なつなつなつなつココナッツ」とか「夜明けのブレス」とか「浪漫飛行」とか。。ひょっとして金沢は少し時間軸がずれているのか。ひょっとして最新号のジャンプの表紙にまだピッコロ大魔王とかいるんじゃないのか。とあらぬ疑いを持ってしまいます。

それでは、また。

2003年3月4日(火) プロのお仕事
金沢、今日は吹雪です。おーい、たしかもう春先ではなかったか。うっかり傘を持たずに外に出たので大変です。

今泊まっているのは金沢駅前にあるAPAホテルですが、毎回思うけどホテルってすごいね。どんだけ散らかしていっても、帰ってみるとすべてがきちんと片付いていて、なぜかベッドの上に謎の折鶴まで置いてある。感動したのはシャワーの口の部分が壁の方を向くようにして掛けてあるのです。あ、これはきっと家のお風呂でよくある「蛇口で水の温度を確かめようとしたら、シャワーから水が出て頭からずぶぬれになってしまった事件」をふせぐためなんだろうなと思いつつ、そんな細かいところまで行き届いた気配りにプロ魂を感じてしまいます。

いい環境にすんでいるせいか、体調がだんだん良くなってきました。そうか、僕の体調が悪かったのは、あの散らかりまくった部屋のせいなのかも。こないだ部屋にきた岩津が絶句していたからね。帰ったら早速部屋の掃除をしようっと。
2003年3月6日(木) 作品
ハリーポッター3巻「Prisoner of Azkaban」を読み終えました。1巻目に匹敵するクオリティーの高さで非常に楽しめました。

毎回毎回よく思いつくなと感心してしまうアイデアもすごいのですが、僕がこの作者を最も敬服する点は「ストーリー構成の妙」です。複数の物語のスレッドを同時進行させ、その中に多数の伏線を散りばめつつも、ストーリーに少しも無駄がないのです。一人一人のキャラクター設定、すべての出来事にはきちんとそれが起こるべき(構成上の)意味があります。後から読み直すとその巧妙さにため息がでます。ある種の幾何学的な美しさです。

幾何学的な美しさと言うとジャンルは違いますが、同じイギリス女流作家「アガサクリスティー」を思い浮かべてしまいます。中学生のときに「アクロイド殺人事件」を読んで、心の底が震えるほど感動しました。まるで非常に精巧に作りこまれた「芸術作品」を見るような気持ちがしたものです。(今でもミステリーの最高傑作だと僕は思っています。)

これは僕の想像でしかないのですが「J.Kローリング」も「アガサクリスティー」も非常に数学的な頭脳の持ち主なのではないかなと思うのです。計算が得意とかそういうのではなく、物事の考え方において。絶対パズルとかにはまるタイプ。読めば読むほどそういう感じがしてくるんだよね。
2003年3月10日(月) 三度手間
某セミナーでは授業風景をビデオ撮影します。まあ、これは資格講座のセミナーでは当然のように行われていることで、授業にこれない人はお金を払ってこのビデオをブースで見ることができるわけです。

先日の授業が終わって帰ろうとしていると事務の人があわててやってきて曰く
「先生、さっきの授業の前半、マイクが入ってなかったようなんですけど」
確かめてみると確かに前半の音声がまったく入っていません。どうやらうっかり、マイクの電源を入れずにしゃべっていた模様。少しくらいの間ならまだフォローもできるのですが、30分くらいの間音声が途切れているとの事で、こうなるともう方法はひとつだけ。

授業のやり直しです。

しかも生徒のいない教室で

まあ、こういう経験は初めてではないのですが、誰もいないところで授業をするというのはたいへん微妙なテンションになります。例えるなら人になんかの歌を説明していて、「え、どんな歌?」といわれて仕方なく歌って見せなければいけなくなったときの気恥ずかしさです。

でもまあ、これは自分のミスでもあるわけで、なんとかがんばって授業の半分くらいまでやり直しました。そのとき再び事務の人がさらに慌ててやってきました。そして恐怖の一言を。。。

「先生、すいません。ビデオの電源を入れ忘れました!」

Nooooooooooooo!

あー、一瞬立ちくらみがしそうになりました。でもどうしようもありません。というわけで1日3回全くおなじ授業を繰り返したわけで。。もう普段の10倍くらい疲れました。もう2度とやりたくない経験です。
2003年3月12日(水) 衛星放送
金沢から帰ってまいりました。

ホテルでは衛星放送が見れるのですが、なんとはなしに見ているとこれが意外に面白い。海外のニュース番組とか、マイナーなスポーツの実況とか、地上波では絶対取り上げないようなものが見れて非常に有意義です。視聴者に妙に媚びようとしていないところがいいですね。

一輪車のコンベンションを紹介していた番組があって、IJAのハイライトビデオを見ているようで面白かったです。100メートル競争や一輪車バスケットボールなどのさまざまな競技があるのですが、強いのは日本人選手だとか。いわく「日本人選手は勝つために来ている人が多く、カナダやヨーロッパからの参加者は楽しむために来ている人が多い」のだそうです。ふーん、なるほど。

最後は何百人の人が手をつなぎ一輪車で前進するというギネスブック記録に挑戦。何の世界でも同じようなコンペティションはあるものですね。こういうばかばかしいことに大まじめで取り組む人々の姿はとっても輝いています。
2003年3月14日(金) 芸術作品
木曜日に京大の近くにあるフランス会館のオープン記念でパフォーマーが来ていて、当日にたまたまそれを知って見に行ったのですが、素晴らしかったです。まるでシルクドソレイユを見ているような錯覚に陥りました。

その日には和太鼓の演奏もあったのですが、それがまたかっこいい。全く音階を持たない楽器がこれほどまで人の心を震わせることができるものなのか。全身がしびれました。これってやっぱりリズムの力ですね。

芸とは"リズム"を生み出すものであると思っています。人間の命が心臓の拍動と言うリズムによって成り立っているように、心だってリズムに共鳴を起こして震えるのです。ボレロの規則正しいリズムは背筋がピンと伸びるような緊張を与えます。ロックの裏を取るリズムは体全体が浮かび上がるような高揚感を与えます。これは別に音楽に限った話ではないのではないのかな。例えば文章だって絵画だって映画だってもちろんジャグリングだって、すべてのものはリズムを持っていて、それが心の何かに共鳴を起こすわけ。

あ、恋愛だってそういうものかも。
2003年3月16日(日) ひさびさパフォーマンス
この間の土曜日に実に3ヶ月ぶりに人前でパフォーマンスをやってきました。個人的なつてで頼まれた専門学校の卒業祝賀会。静岡での手順をベースに少しアレンジを加え、10分程度のショートルーティーンをやりました。音響がしっかりしていたこともあり、かなり気持ちよくパフォーマンスが出来ました。やっぱり人前でのパフォーマンスはいいですね。視線や息遣いが生で感じられます。

月末に名古屋で「池田洋介」としての初めての営業にいってきます。長い間体調を壊していてあまり十分な練習が出来てないのですが、プロとしてちゃんとしたパフォーマンスができるようにこれから頑張って調整します。本当は新ネタを持っていく予定だったのですが、ちょっと間に合わないかなあ。。。昨年の静岡のアレンジバージョンでがんばります。
yosuke@juggling-donuts.org
 
 
 

Akiary v.0.42