池田洋介日記帳
バックナンバー

2001年3月1日(木) おみやげ
もうちょっと名古屋の話ね。

ちなみに僕には旅行先からお土産を買ってくるという習慣はありません。買ってくるとしても自分用のものくらい。僕が苦労して旅行しているのに、なんでその上わざわざお金を出して人に物を買わにゃならんのだというひねくれた考えをもっています。だからてんむすもきしめんも味噌カツもなーんも買ってきてないのですよ。みなさんごめんなさい。土産話で我慢してね。

ところで名古屋では大学の先輩夫婦の新居にお邪魔していたのですが、さすがにそこにはお土産を買っていきましたよ。それはお世話になるんだから当然の礼儀。京都では何も買ってきていなかったので、名古屋駅の構内で名古屋名物の「ういろう」を買っていくことにしました。

おいおい、名古屋の人のところに行くのに名古屋の名物を買っていってどうすると思うでしょ。ふふふ、これにはちゃんと理由があるのですよ。

だって考えても見て下さい。もし自分や友達が遠くに旅行したとしたら当然そこの名物と言われるものをお土産で買ってきますよね。もしくは僕みたいに遠くから遊びに来てくれる人がいたら、その人の地元の名産品を持ってきてくれるかもしれません。ところが自分が住んでいる場所の名物というのは決して人からもらう事はありえないでしょ。

そんなものは近くにいくらでも売っているんだからいつでも買えるじゃないかと思うかもしれませんが、どっこい、名物というのは旅行に行ったという楽しい気分も含めて買っているものですから、日常の金銭感覚で考えた場合かなり割高。「名物にうまいものなし」という言葉もあるように、普通の感覚で考えるとそれほどの高いお金を出してまで買いたいと思うものではないのです。それに"いつでも買える"という安心感が手伝って、結局自分の地元の名物なんてほとんど自分で買って食べようなんて思わないのです。それを証拠に僕の家の近くには京都名物のおいしそうな生八橋が山のように売られているにも関わらず、僕はまだこれを自分で買って食べた事がありません。チョコレート八橋なんてものすごく食べたいんだけどわざわざ自分で買うのもな・・・という気持ちがあってね。結構そういうものでしょ。

だから案外その人の地元のお土産を買っていくと喜ばれるものなんですよ。どうですか、ちゃーんと理にかなっているでしょ。

ははは、実を言うと上の話は京都でお土産を買っていくのを忘れた僕があわてて考えた後づけの理屈なのですが、案外真理をついているような気がしてきました。
2001年3月2日(金) 新500円玉
前回新500円硬貨の話題を書いたのは昨年の12月10日(こちら)。あの時はまだ僕にとっては新500円硬貨は珍しいもので、もらうたびに喜んでテレビの上に並べていたりしたのですが、近ごろは新500円硬貨をもらう機会が飛躍的に増えてきたように思います。

最近は新500円玉が駅の自動改札機で使えるなんて事は当たり前。「新500円玉使えます」なんてステッカーは珍しくもなんともなくなってしまいました。それで今日、京阪に乗ったら遂にこんなことになっていました。

「旧500円硬貨は使えません」

まあ、最終的にはそうすることが目的だったんだし、驚くほどのことではないのですが、これが世代交代というものなのかなとしみじみ感じてしまいました。

これからは旧500円玉をテレビの上に並べていこうかな。
2001年3月3日(土) 競馬
生まれて初めて競馬場というところに行ってきました。

今日は村川さんの25歳最後の日ということで、久々のお出かけデート。で、最初はちょっとシックに男山八幡宮にでもハイキングにいこうと思って京阪電車に乗ったのですが、まわりを見渡すとなぜかやけにおじさんが多いのね。しかもみんな揃いも揃って新聞を怖い顔で睨んでいるのです。そこでさすがにピンと来ました。なるほど今日は競馬があるんだ。京阪の淀駅のすぐ近くに京都競馬場があるのですが、それで競馬のある日は淀駅に急行が止まるのです。

実は競馬場には一度行ってみたいと思っていたのでこれは絶好のチャンスという事で急遽予定変更。淀駅で電車を降りて競馬場に向かう事にしました。競馬場の場所は知らなかったんだけど、たくさんの人の波についていけば何の苦もなくたどり着けました。

でそこで大きな勘違いをしていた事に気付いたのですが、僕はてっきり競馬場には本物の馬が走っているものとばかり思っていたのです。いつかテレビでみたような馬と馬の激しい競り合い、興奮のるつぼと化した客席!っていうイメージに胸をときめかしていたのですが行ってみてちょっとがっかり。競馬場には馬はいなくて、大きなスクリーンに映し出される映像を大勢の人が淡々と見ているという光景が広がっておりました。いつまでたっても本物の馬は競技場には姿を見せず、どうやらそのレースは別の場所でやっていてそれをテレビで中継しているのだということに気付くまでにかなりの時間がかかりました。

結局この大勢の人たちは馬券を買うためにここに来ていたわけですね。まあ、せっかく来たわけだから馬券でも買って、大穴でもあててやろうと読み慣れない競馬新聞まで買ってしまったのですが、これが又さっぱり意味が分かりません。ドイツ語辞典を逆さまにして読んでいる方がよっぽど有意義に思えてくるくらい、暗号にしか見えない文字が並んでおります。こんなものに赤ペンでチェックつけてるおじさんたちは尊敬に値しますね。そもそもよく考えたら僕は賭け方すらよく分かってないのです。複勝とか単勝とか枠番とか全く意味不明。結局30分ほど悩んだあげく、馬券を買うのはあきらめ、仕方なく競馬場めぐりをすることになりました。

でもなかなか新鮮で面白かったですよ。この競馬場という所は娯楽施設としては非常によくできた場所ですね。広々としているし、どこにでも自分の場所を作ってくつろげるし、お腹がすけば食事もできる。そして軽くビールでも飲みながら、あと10分後に起ころうとしている出来事に我を忘れて没頭する事ができるのです。たっぷりの情報と自分の知識や勘を頼りに決断をし、その結果はその数分後に非常に分かりやすい形で跳ね返ってくる。そんな非日常的な空間がここにはあります。

中にはちょっとした博物館のようなものもあり、過去の名馬たちの写真や伝説のレースなどを見ることができました。ちょっとタバコくさいのを別にすれば暇な休日に時間をつぶすのにはこのうえないデートコースかもしれませんね。

今度は京都競馬場でレースをするときに来て見たいです。もちろんその時はちゃんと競馬のルールも勉強しておきます。
2001年3月4日(日) スピッツ
今日はスピッツのライブに行ってきました。スピッツなんてまたミーハーな・・・って佐々原に言われてしまいましたが、まあなんと言われようと僕はスピッツの歌は結構好きだし、よく聞いていました。ストリートライブではかなりスピッツの曲をやってましたしね。スピッツは口ずさんでいて心地よいメロディーが多いのです。

ライブに行くことになったのはチケットを持っていた高校時代の友人にたまたま誘われたからなんだけど、なんと場所が滋賀県の米原。知らない人のために付け加えると、のどかな田園が広がる絵に描いたような田舎です(一応新幹線は止まるんだけど)。会場がまたよくこんなところにきてくれたなと思えるくらい小さなホール。ライブなんて5年前にサザンの甲子園でのライブに行って以来のことで、そのときは会場が広くて桑田さんが豆粒のように小さくほとんどバックモニターでしか顔が見れませんでした。でも今回は歌っている人の表情まではっきりとわかるくらい間近でライブを見ることができました。これには本当にもう感動。

全部で2時間くらいだったのですが、あっという間に時間が過ぎていきました。やっぱりライブっていいですね。生のビートと息遣いを肌で感じることができます。見ている人の盛り上がりなんかも凄くてその雰囲気にすっかり酔わされてしまいました。

多くの人の心に感動を届けることができる。そんな才能ってすばらしいですね。
2001年3月6日(火) えひめ丸
おお、なんて久しぶりの社会派ネタだ。

えひめ丸の引き上げにかかる費用が70億から80億だって。ニュースで言ってました。

冷静に考えれば、この船を引き上げたところで現実的に得るところは何も無いわけです。海底500メートルの水圧は1u辺り500トンにも及びます。酷な話そんな状況下で人間の体が原型をとどめているなんて事はまず考えられません。現実的な話そのお金を補償に当ててもらったほうがよっぽどいいんじゃないと思ってしまうのですが、今の日本のマスコミで引き上げに対して批判的な意見はほとんどありませんよね。もちろん引き上げを望んでいる遺族の気持ちはとてもよく分かります。まるで亡くなった人の魂が船ともに深い海の底に閉じ込められているような気がして、船を引き上げることでその魂を解放したいという思いがあるんでしょう。別にこのことに対して賛成するわけでも反対するわけでもないのだけど、このような極めて感情的、宗教的な理由で多額のお金と労力が費やされるというのはなかなか興味深いものだなと思ってしまいます。

考えてみれば人間のやってくることなんてそのほとんどが論理的な説明がつけられない感情的な衝動によるものなわけで、例えば宇宙開発だって、大義名分を付けて多額の予算をかけているけれでも、実は得ているものなんてそんなに無いんじゃないですかね。結局夢とかロマンとかそういうわけの分からない何かに突き動かされているわけなんですよ。

そう考えれば日本人独特の宗教感覚のために多額の予算をかけて船を引き上げるのは大いにありではないかという気がしてきました。もしアメリカが"どうして船を引き上げるのがそんなに大切なんだ。合理的な理由が無いじゃないか!"と言ってきたら、毅然とした態度で"アメリカだって極めて感情的な理由からもっと多額のお金を使いもしない兵器の開発に使ってるんじゃないの?"って言ってやればいいのです。

人間というのは(僕も含め)つくづく愚かな生き物なわけで、その愚かさを自覚し、なんとか正当化しながら生きていかなければいけないんですよね。
2001年3月7日(水) 続スピッツ
この間のスピッツの話には続きがあります。

スピッツのコンサートが終わり、ライブの余韻がまだ耳に残っているような夢うつつ状態で家路につきました。なんとこの日米原では大雪が降ってたんですね。さすが北国とか思いながらも案外すんなり電車に乗ってスムーズに家にたどり着く事ができました。

それで部屋に入ろうとして気付いた事があります。

鍵が無い


うーん、またやってしまいました。実はこの間名古屋から帰ったときも鍵が見当たらず管理人に鍵を開けてもらったという前歴があるのですが、このときはその直後に財布のポケットの奥のほうから発見され事なきを得ました。(僕のマンションの鍵はカード型なのでそういうことはよくあるのです。)だから今回もきっとその類だろうと必死に財布のあらゆるポケットを探したのですが見つかりません。どうやら会場に行くまでの道のりか、もしくは会場のどこかで落としてしまったらしいのです。オートロックマンションなので鍵がなければマンションの中に入ることすらできません。

仕方なくドーナツのメンバーに電話をかけ、その日は後輩の家で1泊。次の日に管理人にあけてもらったのですが、その時管理人が恐ろしい事を言い出しました。

「もし鍵が見つからなかった場合はシリンダーごと交換しますので18000円ほどかかります・・・」

ひょえー。これは何としても見つけねば。それで再び会場や駅などに電話攻撃。前もこんなことしてたような。全然懲りてないですねえ。でも実はさっき会場から電話があってなんと鍵が発見されたのです。わーい。大感激です。どんな大切なものをなくしてもこうやってちゃんと見つけるところが偉いでしょ。

でもなんか最近こんなことばっかり。
2001年3月9日(金) 合格発表
今日大学に行ったらキャンパス内が妙に活気付いてました。なるほど京大前期試験の発表の日なのですね。この季節が来るたび、自分が入学した当時のことを思い出してとても懐かしい気持ちになってしまいます。合格したのが分かった瞬間はやっぱり嬉しかったし、かなり鮮明に記憶にも残っています。

道を歩いていたら大勢の受験生と思われる若者とすれ違いました。もう合否の結果を見終えて帰る人たちだったのでしょう。その結果は表情を見ていればおのずと分かります。こんな事を言うのも何ですが、両極端の状況に置かれた人間の様子を観察しようと思ったら今日ほどふさわしい日はないのではないですかね。表情だけでなく目線や、歩き方などにはっきりと気持ちは表れてしまうんです。

合格発表というのは大勢の人が合格か不合格かの真っぷたつに分けられてしまう残酷な瞬間です。ある意味人生の大きな分かれ道なんですよ。僕だってもしあの年に京都大学に合格していなければ、ひょっとしたらジャグリングに出会うことも無かったかもしれない。ひょっとしたら一念発起して東大のエリートコースをまっしぐらに進んでいたかもしれない。大学にいくのをやめてストリートミュージシャンをやってたかもしれない。逆に一浪してしまったばっかりにこのサークルに捕まってしまい、なぜか7ボールカスケードが30キャッチもできるようになってしまった奴もいるかもしれない。そう思うと今日はすごい日ですね。

でもね、僕が思うに人生のもっと大きな分かれ道って本当はいくらでも存在しているんだと思うんですよ。ただ単にそれに自分が気がつかないだけ。それは何気なく眺めた本であったり、ほんのささいな出会いであったり、階段でつまづいて電車に乗り遅れた事であったり。そんな日常のふとした出来事が実は今日の大学の合格発表なんてことよりももっと重大な意味を持っていたりするのです。

少し肩を落とし伏目がちに歩く受験生の後姿を眺めながら、「落ち込む事はない。胸を張ろう。所詮はあみだクジのたった1つの角を曲がり損ねただけのこと。そのことで君の人生は大きく変わったのかも知れないが、それが吉なのか凶なのかは最後の折り目を開けてみるまで分からないじゃないか!」と励ましていました。(でも所詮他人事と思っていたりもする。)

願わくば今日合格した新入生がこのサークルに入り、1年後にこの日記を読んでくれるように。そして自分が1年間に取得した単位をしみじみと眺めながら「俺はどうしてこの年に入学してしまったのだろう。」とぼやく姿をちょっと楽しみにしています。
2001年3月10日(土) ポジティブシンキング
世の中には同じ物事を見ても、それを良い方に捕らえる人もいれば悪い方に捕らえる人もいます。いわゆるポジティブシンキングとネガティブシンキングというやつです。僕は思うにかなりのポジティブシンキング派だとは思うのですが、これも度が過ぎるとちょっと考え物かなと。

例えば今日、ライブの会場で落としたマンションの鍵が宅急便で配送されてきました。当然着払いなので受け取る時に720円を取られました。このことを

あー、鍵なんか落とさなければ720円なんて無駄な出費をしなくて済んだのに。これは次から気をつけないといかないなー。

となるのが普通の人の発想だと思うのですが、僕は

あー、この鍵が見つからなければ18000円も取られていたのに、それが720円で済んだなんてなんてラッキーなんだ!

となってしまうのです。しかもそれだけならまだしも

よし、この浮いたお金でなんかおいしいものでも食べにいこう!

となってしまうので性質が悪いのです。うーん、何で僕は何度も性懲りも無く同じことを繰り返すのか、そして何でお金がたまらないのか、その理由がすこし分かった気がするぞ。
2001年3月13日(火) 不毛な議論
話せるアコムは本当に話せるのか?
ガチンコは本当にガチンコなのか?

そんだけです。
2001年3月16日(金) カラオケ
昨日は吉田さんの送別会を兼ねて吉田宅で鍋パーティ。

それにしてもたくさん集まったね。みんなかなり大暴れしていたので、吉田さんの下宿の敷金の返却額を大分減らしてしまったのではないかと思いますが。

夜は本当に久しぶりのカラオケに行きました。ドーナツのメンバーでカラオケに行くなんてことはあんまり無いからねえ。なかなか新鮮でした。前回カラオケに行ったときは風邪を引いていたせいもありイマイチ不完全燃焼で終わってしまったのですが、昨日は喉の調子もなかなか良く、3時間たっぷり歌って大満足。自分の出そうしている音を正確にのびのある声で出せる日は本当に歌ってて楽しいです。このときは自分の声と曲のベース音が"あ、ハモってるな”って感じることができます。まあ、こんな日は5回カラオケに行って1回あるかないかくらいのものなんだけどね。

ふふ、それでは全国のカラオケファンの皆さんにカラオケで歌をうまくうたう秘訣を(ちょっと偉そうに)書いてしんぜましょう。

その1、自分の出せる音の幅を正しく理解しましょう。よく自分がどれだけ高い音を出せるかを自慢する人がいますが、これは全く本質的な問題ではなくて、それより大切なのは音域の広さなのです。特に"自分が最もきれいに声を出せる"得意音域をちゃんと知っておくが大切なのです。これが広い人ほど歌を歌う上では得なんですね(例えばカーペンターズは3オクターブの音域を完璧な声量でだしています)。

でも音域がそれほど広くなくてもカラオケでは全く問題ないのです。なぜならカラオケでは必ずキーコントロールができるから。もし自分が歌いたい曲のキーが自分の音域に合わなければ、キーを変えればいいだけのことなのです。特に自分が一番好きなメロディーのところを自分がもっとも得意な音域で歌えるようにキーをコントロールしておくのがポイント。僕の音域というのはさほど高くなくて、きれいに出せるのはせいぜい高いミくらいまで。でも僕の大好きなMr.Childrenの「イノセントワールド」の一番好きな部分はどうしても高いソの音が必要なのです。だからこの曲を歌うときは絶対にキーは原曲の♭3にするのです(しかもかなり調子がいい時でないと歌わない)。

カラオケの時何故か原曲のキーで歌うことにこだわる人が多いのですが、無理なキーでは音程も定まらないし、何より歌ってて気持ち良くない。カラオケがうまくなるためにはとにかくキーにこだわれるようになることです。

その2、歌の聞かせどころを押させること。この曲のこの部分をきくと胸がしめつけられるようになるっていう経験あるでしょ。その原因はメロディーの中のほんの1音にあったりするのです。この1音をはずしては絶対にダメ。例えばさっきの「イノセントワールド」の中の最大の聞かせどころはさびに向かうこのメロディー

歩きつづけていくよ、いいだろう、Mr Myself・・・

僕はこの部分を聞くたびに本当に胸が締め付けられるのです。このさびの直前の「Mr Myself」の「Mr」の音。この1音がちゃんと出せるか出せないかがむちゃくちゃ大きいのです。なぜならこの1音にこの曲の持つ切なさが凝縮されていると言っても過言ではないからね。こういうのが他の歌にも必ずあるのです。人の歌を聞いていて"どうしてそんな大切な音をいいかげんに歌うんだ!"と感じてしまう事が良くあります。

その3、ファルセットを使いこなす事。ファルセットというのは俗に言う裏声の事。とくに今のポピュラーを歌うにはこの技術はなくてはならないものなのです。裏声を高い音が出せない時の裏技のように考えている人が多いですが、これは大きな間違い。裏声でちゃんと音程を表現できるようになって本物です。しかもこれは要所で使うこと。これだけで人をしびれさせる歌になってしまうのですよ。

うーん、まだまだあるけどね。とりあえず今日はこの辺で。カラオケ教室第2弾をお楽しみに。
2001年3月23日(金) 地図
一週間も日記をあけたのは初めてだな。
最近はcgiプログラミングの方に夢中になっているからです。あと一息!

最近地図を見るという楽しみを覚えました。知らない土地を地図を見ながら歩くのも1つの楽しみなのですが、自分がすでに行った事がある場所、あるいは自分がいつも通っている馴染みの場所でも地図でみるとまた新たな驚きや発見があるのです。

全く別の場所だと思っていた2つの地点が実はすぐ近くにあることに気付いたり、幾つかの道のつながりを知ったり・・・断片的な知識がつなぎ合わされて1つになるときはとても快感なんですね。これはある意味数学を勉強する楽しさに似ているのかもしれませんね。
2001年3月24日(土) 阪急電車
ちょっとローカルな話題です。今日、阪急電車のダイヤ改正がありました。

ダイヤが変わっただけではなく、停車駅まで大幅に変更になった模様。簡単に説明しましょう。
まずいままで特急、急行、普通の3種類だったのが、通勤特急、快速特急、特急、快速急行、急行、普通の6種類になりました。

通勤特急の停車駅は今までの特急と同じ烏丸、大宮、高槻、十三です。
快速特急はこれに桂が加わります。
面白いのは特急。なんと快速特急ですら止まる大宮に停車しません。そしてその代わり今まで止まらなかった桂、長岡天神、茨木市の3つに停車します。
そして急行はというとなんと高槻市までの各駅に停車。さらに南茨木駅に停車します。
そして極めつけとして、朝の9時から15時くらいの間河原町駅から普通電車は一切発車しません。

要約するなら特急が今までの急行になり、急行が今までの普通に限りなく近づいてしまったわけです。これだけ大幅な改正をするのにはやはり何かの思惑があるのでしょうが、京都から大阪に通勤するほとんどの人はこのダイヤ改正は気に入らないだろうねえ。もちろん沿線に住んで通学、通勤する人がどんどん増えてきたというやむをえない事情もあるのでしょうが、京阪電車も阪急電車も京都から大阪までノンストップでいけた昔が懐かしいです。
2001年3月30日(金) 予備校
4月から河合塾のチューターをやることになりました。

チューターというのは講師とは違って、質問に来る生徒に対して個人的に指導をしてあげる人のことです。(河合塾ではフェローといいます)。密かに面接や筆記試験を受けていたのですが、軽い気持ちで受けてたら結構すんなり決まってしまいました。腐ってもなんとやらで京大数学系の院のネームバリューってやっぱりすごいですね。

でもね、ここまで読めば、おそらく誰もが数学のチューターに決まったのだと思うでしょ。僕もてっきりそう思っていたのですが、採用の通知をみてビックリ。なんと僕が採用されたのは英語のチューターでした。実は筆記試験では数学のサブ科目として英語も受験したのですが、どうやらそっちの成績の方が良かったらしいです。

でもこれを知った時は正直かなりがっかりでした。だって僕は数学を教えることにかけてはこの5年間の実績があるし、それに受験生が持ってくる問題をその場で考えて回答すると言うのはなかなか面白いでしょ。英語って結局知ってるか知ってないかだし、その場で答えを考えるドキドキ感というのをイマイチ感じる事ができないのです。しかも受験英語ですよ。もう7年近く離れている受験英語を勉強しなおしてややこしい前置詞やら、やたら小難しい単語やらを暗記するのはぞっとしません。

だからこの話、半分断ろうかという気持ちがおこったのです。予備校と言うのはシビアな世界でチューターも受験生のアンケートによって評価が決まります。数学なら僕は絶対の自信を持っていますが、英語を教える実力があるかというのは正直全く自信がなかったのです。

でもやっぱり考え方を前向きにすることにしました。この1年受験英語を猛勉強して河合で英語を教えた実績を作れば、それだけで自分のプラスになるだろうし、結局は英語も数学も教えられる力を実につけることになるからね。そう考えればこれは1つのチャンスかもしれないですし。

とにかくもう一度、英語の勉強を始めましょうかね。だれか昔の英語の参考書持ってたら僕に譲ってくださいませ。TOEICも受けてみようかな。
yosuke@juggling-donuts.org
 
 
 

Akiary v.0.42